HOME カジノ法案3つの大問題
プロフィール
1987年初当選、副議長、総務常任委員長、建設常任委員長、決算委員長、スポふれ文健評議員、区議団長など歴任。
現在8期目。保健福祉常任委員、東京オリンピック・パラリンピック対策特別委員会副委員長、議員団副幹事長。
kazami@jcp-minatokugidan.gr.jp
リンク
>日本共産党港区議団ホームページ
動画
>本会議質問の動画はこちら
最近のブログ記事
2017.11.28
第4回定例区議会が開かれます。
2017.11. 7
NHKの4回の憲法調査ーしんぶん赤旗「朝の風」より
2017.10.30
総選挙 "本気の共闘が"効果
2017.10.23
航空機等からの落下物の危険:テレビで放映
2017.10. 6
冨田なおきさんの立候補取りやめに当たっての決意
2017.10. 5
2016年度(平成28年度)決算特別委員会で質問
カテゴリ
blog (633)
カテゴリを追加
動画 (4)
月別アーカイブ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
検索
キーワードで検索できます。

カジノ法案3つの大問題

自民・維新・公明の一部が大問題
 
 6日の衆院本会議で自民、維新、公明の一部の賛成で強硬可決したカジノ解禁法案。今国会で強引に成立させようとしています。警報が犯罪として禁じているとばく場・カジノを合法化する同法案には、国民の多数が反対し、全国紙5紙がそろって社説で反対しています。3つの大問題を日本共産党の辰巳議員が明らかにしました。詳細は、「しんぶん赤旗・日曜版」12月11日号をご覧ください。

①人の不幸で「成長戦略」

②収益で依存症対策の愚

③審議はたった5時間半

世界では斜陽産業・・・米国では過当競争でカジノ産業の衰退が進み、シンガポールやマカオなどアジアのカジノも中国政府の反腐敗キャンペーンのあおりで低迷しています。世界でもカジノは斜陽産業となっています。