HOME 総選挙 "本気の共闘が"効果
プロフィール
1987年初当選、副議長、総務常任委員長、建設常任委員長、決算委員長、スポふれ文健評議員、区議団長など歴任。
現在8期目。建設常任委員会副委員長、行財政等対策特別委員、議員団副幹事長、消防団運営委員。
kazami@jcp-minatokugidan.gr.jp
リンク
>日本共産党港区議団ホームページ
動画
>本会議質問の動画はこちら
最近のブログ記事
2017.11. 7
NHKの4回の憲法調査ーしんぶん赤旗「朝の風」より
2017.10.30
総選挙 "本気の共闘が"効果
2017.10.23
航空機等からの落下物の危険:テレビで放映
2017.10. 6
冨田なおきさんの立候補取りやめに当たっての決意
2017.10. 5
2016年度(平成28年度)決算特別委員会で質問
2017.10. 4
2017年第3回定例会代表質問
カテゴリ
blog (632)
カテゴリを追加
動画 (4)
月別アーカイブ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
検索
キーワードで検索できます。

総選挙 "本気の共闘が"効果

市民と野党の共闘が大きな力を発揮
63選挙区で候補者得票が3党の比例合計得票を上回る
32選挙区で当選、23が比例復活当選
 
 先の総選挙では、日本共産党、立憲民主党、社民党の3党野党が市民連合と政策協定を結び、協力・連携して選挙をたたかいました。日本共産党は、小選挙区で候補者を降ろすなどして共闘勢力の1本化の実現に努力し、83の小選挙区で候補者を立てませんでした。このなかで、小選挙区で候補者を一本化し、政策協定を結ぶなど"本気の共闘"に取り組んだところで共闘体制を発揮しているのが特徴です。
 しんぶん赤旗は、日本共産党が候補者を立てなかった83選挙区のうち、3野党の候補者がいなかった岩手2区、香川1区、熊本1区を除く80選挙区での、共産、立憲民主、社民3党の比例合計得票に対し、立憲民主、社民、無所属の候補者がどれくらい得票したのかの割合をみてみました。
 その結果、63選挙区で候補者得票が3党の比例得票以上になりました。自民党候補などに打ち勝って当選したのは32選挙区、比例復活当選したのは23選挙区に及びました。(10月28日付しんぶん赤旗より:詳細は28日付赤旗をご参照下さい。)