HOME 東京都に国保、後期呼高齢者医療で申入れ
プロフィール
1987年初当選、副議長、総務常任委員長、建設常任委員長、決算委員長、スポふれ文健評議員、区議団長など歴任。
現在8期目。保健福祉常任委員、東京オリンピック・パラリンピック対策特別委員会副委員長、議員団副幹事長。
kazami@jcp-minatokugidan.gr.jp
リンク
>日本共産党港区議団ホームページ
動画
>本会議質問の動画はこちら
最近のブログ記事
2017.12.22
政党助成金 9党に79億円を支給 ことしの最終分
2017.12.21
東京都に国保、後期呼高齢者医療で申入れ
2017.12.21
「国連WFP協会」親善大使女優竹下景子さんが赤旗に登場
2017.12.19
2017年第4回定例会 一般質問
2017.12.19
リニア大手4社談合か。鹿島と清水を捜索
2017.12.19
安倍9条改憲NO!3000万署名を成功させるつどい
カテゴリ
blog (643)
カテゴリを追加
動画 (4)
月別アーカイブ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
検索
キーワードで検索できます。

東京都に国保、後期呼高齢者医療で申入れ

  1. 日本共産党東京都議会議員団、東京都区市町村議員団、東京都委員会として、東京都に対して、国民健康保険料・後期高齢者医療保険料の引き上げをしないことなどを求めて、申し入れ、交渉をしました。都議団、区市町村議員が約40名参加しました。各議員から国保料(税)の連続値上げでやむを得ず滞納しているにもいかかわらず、強引な差し押さえの実態が話され、これ以上の値上げをしないよう、国への財政支援、都としての財政支援を求めるとともに、各自治体が行う繰り入れを妨害しないよう求めました。担当課長は、のらりくらりで聞かれたことにまともには答えませんでした。私は、国や都の負担が大幅に減らされていることが、国保財政を困難にしていること。国や都が負担を元通りにするよう求めました。

    DRjK31EVwAAj5MZ.jpg(都申入れ).jpg