国会前大行動

「9条改憲ノー! 政治の腐敗と人権侵害を許さない」を掲げて、安倍政権の退陣を要求する国会前大行動が10日午後、国会正面前を中心に行われ、雨の中2万7千人が参加しました。立憲民主・福山哲朗幹事長、共産党・小池晃書記局長など野党各党の代表挨拶や各界・各団体からのスピーチがありました。安倍政権への怒りと退陣を求める大合唱が響き渡りました。参加者が歩道いっぱいで動けないのに、異常な規制でほとんど車が通行しない道路を使わせないのは、安全を無視し参加者を少なく見せようとする姑息な警備だと怒り声が上がっていました。