日本共産党 港区議団
大 中 小
 

議員紹介
いのくま正一
大滝実
風見利男
熊田ちづ子
政策主張
医療・介護
社会保障
子育て・教育
まちづくり・環境
雇用・労働
中小企業・商店
平和・文化
その他

お知らせ

「比例は共産党」広がる声

安倍暴走政治を市民と野党の共闘の力でストップさせましょう

 

比例は共産党

 10月22日投票の衆議院総選挙で、「自公とその補完勢力」対「市民と野党の共闘」の二極対決の構図が鮮明になるなか、政党を選ぶ比例代表で他党や市民から「比例は共産党」の訴えが広がっています。

憲法違反の安保法制、秘密保護法、共謀罪を数の力でごり押しし、首相の友達には便宜を図る安倍政権打倒の対局に立ち、小選挙区で候補者をおろして野党勢力を一本化し、共闘の力で安倍暴走政治の転換を求める日本共産党への熱い期待です。

 

市民と野党の共闘を前に進める力は共産党を伸ばすこと

比例は衆院465議席のうち約4割を占める政党対決の主舞台です。日本共産党は、前回の総選挙で比例議席を8から20へ大躍進させた力で、市民と野党の共闘を前に進めてきました。

日本共産党の躍進こそ市民と野党の共闘を前に進める最大の力、日本を良くする一番の保障です。

『比例は共産党』の声を広げに広げ、共産党の大躍進を勝ち取らせてください。

 

憲法9条を変えさせないで、戦争のない平和な日本を

自民党、公明党、日本維新の会は、憲法違反の安保法制、秘密保護法、共謀罪をごり押ししました。そして総選挙の公約に改憲を掲げています。希望の党も憲法9条を含め改憲論議をと公約に掲げています。

このような勢力が、国会の2/3をとったら、憲法9条を改悪しようとすることは明らかです。

 

世界に誇れる憲法9条を守ります

 戦後、72年間、日本が戦争をせずにこれたのは、憲法9条があったからです。これまでの歴代政権は集団的自衛権は日本は持てないと言ってきました。それを安倍首相政権は勝手に180度転換し、集団的自衛権を保持すると閣議決定し、安保法制以降の憲法違反の法律を次々にごり押ししてきました。

自民党は、憲法違反の声を回避するために憲法9条1項(平和主義)、2項(戦力不保持)に3項を加え、自衛隊を明記するとしています。後から追加された法律が前の法律に優先するということは、法の一般原則です。3項で自衛隊が明記されれば、2項は事実上空文化し、海外での武力行使が無制限に可能となってしまいます。

日本共産党は、憲法9条を守る市民と立憲民主党、社会民主党と共闘し、全力で憲法を守りぬきます。


衆議院議員選挙の小選挙区が改定され、港区も第1区と第2区に分かれます

 

新たに加わった第2区の区域は、以下のとおりです。

港区芝地区総合支所管内のうち、

芝1丁目~4丁目、海岸1丁目、東新橋1丁目~2丁目、新橋1丁目~6丁目、西新橋1丁目~3丁目、浜松町1丁目~2丁目、芝大門1丁目~2丁目、芝公園1丁目~4丁目、虎の門1丁目~5丁目、愛宕1丁目~2丁目

港区芝浦港南地区総合支所管内のうち、

芝浦1丁目~3丁目、海岸2丁目、海岸3丁目の1番~3番、14番~19番、22番~30番まで

 

第1区の区域は、上記第2区の地域を除く港区芝地区総合支所管内と港区芝浦港南地区総合支所管内、そして港区麻布地区総合支所管内、港区赤坂地区総合支所管内、港区高輪地区総合支所管内です。

 

日本共産党は、市民と3野党(日本共産党、立憲民主党、社民党)の共闘の勝利で安倍政権を退場させる立場から、

第1区では立憲民主党の海江田万里(かいえだばんり)さん、

第2区でも立憲民主党の松尾明弘(まつおあきひろ)さん

を全力で応援しています。



新着情報
2017/09/27  第3回定例会 日本共産党港区議員団の一般質問 : 議会報告
2017/09/27  第3回定例会 日本共産党港区議員団の代表質問 : 議会報告
2017/09/13  港区議会 本会議代表・一般質問時間の変更について : 議会報告
2017/09/13  港区議会第3回定例会の日程 : 議会報告
トピックス
2017/09/15  2018年度予算要望を提出
困った時は
気軽に相談
無料相談会 
弁護士が相談に応じます


区民アンケート

区民アンケートの集計結果です。下記をクリックしてご覧ください。

icon-pdf.gif 2014年区民アンケート報告.pdf