教育長へ新入学学用品費の改善を申し入れました。

5月29日、日本共産党港区議員団は教育長に「準要保護世帯の新入学学用品費の拡充・改善の申し入れ書」を提出しました。

経済的理由で就学できないことがないよう、就学に必要な経費の援助する制度(「港区就学援助」)があります。

生活保護世帯と生活保護世帯に準ずる世帯(準要保護)が対象です。

入学時に必要な経費の一部を支給する「新入学学用品費」は、生活保護世帯は2018年10月に支給額が引き上げられ、今年の新小学1年生は63,100円、新中学1年生は79,500円支給されました。しかし、準要保護世帯は就学援助が改善されていないため、新小学1年生は47,380円、中学生は54,070円のまま据え置かれています。早急に改善するよう申し入れました。

申し入れに、教育長は「実態調査の結果に基づいて早急に結論を出します」と答えました。

教育長への新入学学用品費の改善申入れ

保育園児の散歩時の安全対策についての申し入れを行いました

2019年5月16日(木)午後3時~
日本共産党港区議員団で港区長に申し入れを行いました。

先日、5月8日に滋賀県大津市で散歩途中の園児が巻き込まれれる痛ましい事故が発生しました。園庭のない保育園が78%にも上る港区でも他人ごとではありません。

「全ての保育園の散歩コースの安全点検を行うこと。点検に当たっては保育園任せにせず保育課も協力すること」「散歩時の補助ができる人の確保と人件費の補助を行うこと」「安全上問題があるところは、道路管理者や、交通管理者に改善を求めること」「安全上問題があるところは、対策ができる間、他にう回路がないのか検討すること」「事故があったからと言って、散歩を自粛することがないようにすること」の5項目です。

副区長からは、「申し入れをしっかりと受け止め、区長にお伝えします。各支所を通じて全園の安全点検を指示したところです。」と話されました。

保育園事故対策申し入れ(2019.5.16)

第3回定例会、熊田 ちづ子 代表質問を行いました

9月11日(火)から始まった港区議会第3回定例会にて、私、熊田ちづ子が代表質問をおこないました。

「指定管理者の公金の不適切な取扱いについて」や「入札制度の改善」についてや、「就学援助の改善・充実について」「保育園の保育士の配置について」など、区民のくらし、福祉を守る立場で質問しました。

質問と答弁を掲載いたします。お気づきの点やご意見ご要望をお寄せください。

3定代表熊田質問と答弁

港総がかり宣伝

7月30日(月)に行われた品川駅港南口での定例宣伝に参加しました。当日は17名が参加し、にぎやかな宣伝になりました。

憲法9条守ろう(3000万署名)の署名用紙の入ったポケットティッシュは1,000個全部を配りました。

夏休みで子供たちも多く、署名用紙を受け取ってくれました。「お父さんお母さんに渡してね」というと「はい」と元気な声が返ってきます。
憲法9条あなたたちに引き継ぐからね

                憲法9条を守ろうと訴えました

 

日本共産党提出の港区学校給食費の助成に関する条例(給食費の無償化)自民・公明・政策会議・維新が否決

2018年7月27日、区民文教常任委員会にて共産党が提案した『港区学校給食費の助成に関する条例』が審議されました。
共産党は「憲法26条において、『義務教育はこれを無償とする』と定められている。」と無償化を主張しました。これに対して自民党、公明党、政策会議(立憲民主党・希望の党・社民党・無所属など)、維新は「財政負担が大きすぎる」「国が責任を持つこと」「食材費を保護者が支払うのは当たり前」などの理由で、否決しました。今後定例会の本会議(9月中旬ごろ開会予定)で採決されます。

    採択を主張するいのくま議員
      質問に答える風見議員

学校給食費の無償化は、全国80か所以上の市町村で実施されており、東京では千代田区、品川区、葛飾区が一部を補助しています。
2017年の都議会議員選挙政策で、自民党も公明党も学校給食の無償化を掲げていました。それなのに条例を否決したのです。区民の皆さんの感想や意見をお寄せいただきたいと思います。
共産党議員団は、23区に先駆けて港区で実施できるように今後とも奮闘します。

羽田低空飛行計画撤回パレード第3弾

7月15日14時から羽田低空飛行計画撤回パレードが行われました。今回で3回目です。今回は青山地域で開催され、酷暑の中のパレードでしたがたくさんの方が参加しました。宣伝カーからも「パレードに参加のみなさん、水分をお取りください」と何度も呼びかけがありました。一人も具合が悪くなる方もなく解散地点まで元気にパレードしました。警備にあたってくださった警察の方のも暑い中本当にありがとうございました

♪住宅の上に飛行機飛ばすな♪学校の上にも飛行機飛ばすなと参加者の熱い思いが青山地域に響きました。

  

 

 

 

パレードに先立ち集会が開かれ、吉良よし子参議院議員が連帯のあいさつを行いました。国会での質問で半年間で219件の部品落下があると明らかにされたことなどが話されました。
港区議団も4人全員が参加し、風見区議が代表して挨拶しました。

6月開催の区議会には白金地域の14町会・商店会の連名で「羽田の新飛行ルート案の見直しを求める」請願が出されましたが採択を主張したのは共産党だけで自民・公明・政策会議・都ファなどの多数で継続審査になっています。
計画を撤回させるまで、会のみなさん、請願を出されたみなさんと力を合わせて取り組んでいきます。頑張りましょう。