日本共産党提出の港区学校給食費の助成に関する条例(=無償化)自民・公明・政策会議(立憲民主・希望の党・社民党・無所属など)・維新が否決・・・区民文教常任委員会

2018年7月27日、区民文教常任委員会にて共産党が提案した『港区学校給食費の助成に関する条例』が審議されました。
共産党は「憲法26条において、『義務教育はこれを無償とする』と定められている。」と無償化を主張しました。これに対して自民党、公明党、政策会議(立憲民主党・希望の党・社民党・無所属など)、維新は「財政負担が大きすぎる」「国が責任を持つこと」「食材費を保護者が支払うのは当たり前」などの理由で、否決しました。今後定例会の本会議(9月中旬ごろ開会予定)で採決されます。

採択を主張するいのくま議員
主旨説明する風見議員

学校給食費の無償化は、全国80か所以上の市町村で実施されており、東京では千代田区、品川区、葛飾区が一部を補助しています。
2017年の都議会議員選挙政策で、自民党も公明党も学校給食の無償化を掲げていました。それなのに条例を否決したのです。区民の皆さんの感想や意見をお寄せいただきたいと思います。
共産党議員団は、23区に先駆けて港区で実施できるように今後とも奮闘します。

安倍9条改憲STOP!集会 6/30

講演は、東京新聞編集委員の半田滋さんによる「憲法に自衛隊を書き込むとどうなるの?」でした。On7~オンナナ~の皆さんによる朗読や、みんなとピースサンデー合唱団の歌など盛りだくさんでした。

教科書展示会に行ってきました

今年は中学校「道徳」教科書採択の年です。
教科書を見て感じたことは、これを教える大人の方が問われる問題ではないかという事。子どもは大人の背中を見て育つのではないでしょうか?

7月4日(水)までやってます。みなと図書館2階ですが、とても分かりにくい場所(一番奥の方)ですので探してみてください!

6月13日(水)2018年港区議会第2回定例会にて、いのくま正一議員が代表質問しました。

港区議会第2回定例会でいのくま正一議員が代表質問をしました。区民アンケートに取り組んだ結果をまとめ、まちづくりの問題や国民健康保険料の引き下げなど暮らし、福祉を最優先にと訴えました。(答弁も掲載しています)

2018.2定 いのくま議員代表質問と答弁

就学援助の入学準備金が引き上がります

共産党区議団のニュース春号で、引き上げの方向が検討されていると紹介しましたが、5月21日に教育委員会として引き上げることが決まりした。
「国基準」よりも高くなります。今年度入学した方には差額分が支給になります。