HOME > blogアーカイブ
プロフィール
1987年初当選、副議長、総務常任委員長、建設常任委員長、決算委員長、スポふれ文健評議員、区議団長など歴任。
現在8期目。建設常任委員会副委員長、行財政等対策特別委員、議員団副幹事長、消防団運営委員。
kazami@jcp-minatokugidan.gr.jp
リンク
>日本共産党港区議団ホームページ
動画
>本会議質問の動画はこちら
最近のブログ記事
2017.6.16
第2回定例区議会での日本共産党の代表質問
2017.6.16
第2回定例区議会での一般質問
2017.6. 5
7日より区議会がはじまります。
2017.5.11
東京での志位和夫委員長の演説
2017.4.20
4.18麻布米軍ヘリ基地撤去集会:50周年
2017.4.20
4.18麻布米軍ヘリ基地撤去集会:50周年
カテゴリ
blog (622)
カテゴリを追加
動画 (4)
月別アーカイブ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
検索
キーワードで検索できます。

blog

港区議会第2定例会
いのくま正一 議員


DSC_2288 - コピー.JPG
カテゴリ: blog
港区議会第2回定例会
熊田ちづ子 議員

IMG_3912 - コピー.JPG
カテゴリ: blog

2017年第2回定例区議会のお知らせです。

 港区議会2017年第2回定例会のご案内です。
 どうぞ傍聴にお越しください。
 代表質問は、いのくま正一議員、一般質問は、熊田ちづ子議員が行います。
 質問開始時間は、区議団にお問い合わせください。

2定傍聴呼びかけ (更新).jpg
カテゴリ: blog
対決構図は「自公対共産党」
首都東京の底力を発揮し、必ず勝利を

東京都議選(6月23日告示、7月2日投票)の必勝をめざし、日本共産党都委員会は4月17日に演説会を開きました。

ダイジェスト(34分)
カテゴリ: blog動画

  1. 今日の東京新聞の24面に昨日の麻布米軍ヘリ基地撤去集会の様子が詳しく報道されています。今朝は7時15分にけたたましい騒音で米軍ヘリが二機飛来、8時過ぎまで10機以上飛んできました。怒り心頭です。飛来の写真は撮れませんでした。帰る機体を何とか捕えました。見えますか。要人を運んだとのこと。

カテゴリ: blog

  1. 今日の東京新聞の24面に昨日の麻布米軍ヘリ基地撤去集会の様子が詳しく報道されています。今朝は7時15分にけたたましい騒音で米軍ヘリが二機飛来、8時過ぎまで10機以上飛んできました。怒り心頭です。飛来の写真は撮れませんでした。帰る機体を何とか捕えました。見えますか。要人を運んだとのこと。

カテゴリ: blog

予算特別委員会における共産党議員団の総括質問


2017年港区議会第1回定例会

【下記をクリックしてご覧ください】 

2017年3月10日

質問者  熊田 ちづ子 議員

カテゴリ: blog

第2弾


(↑クリックすると会場案内が表示されます)
(←クリックすると集会案内チラシをダウンロードできます)
 2017年4月18日(火)
  18:30~ 都立青山公園にて

 (地下鉄千代田線「乃木坂」駅より徒歩2分、地下鉄日比谷線「六本木」駅より徒歩10分)

★18時頃から恒例のカレーライス炊き出しを行います。お早めにどうぞ!
カテゴリ: blog
就学援助の入学準備金、国の方針通り、早期に増額を

田村智子参院議員の質問により、就学援助の入学人備金を実態に見合うよう引き上げを質問。
今年度予算で倍額にひきあがることになりました。
港区も早急に実施するよう、教育委員会次長、学務課長に申し入れました。23区は財政調整制度という制度で各区が同水準のサービスが提供できる仕組みになっています。
港区が率先してが実施することと併せ、23区担当課長会に提案するよう要請しました。
党区議団の提案で、中学に入学する新1年生には、6年生の2月に入学準備金が支給されるようになりました。
小学生についても入学前に支給できるよう提案しています。早期実現を目指しています。


カテゴリ: blog
残業時間の上限、経団連と連合トップは「月最大100時間」で合意

 これで本当に過労死がふせげるのかー。安倍政府が進める残業時間の上限規制について、経団連と連合のトップは「月最大100時間」で合意した。過労死遺族からは「もっと短くして」「納得できない」と不満が続出している。
 「過労死遺族の一人として強く反対します」
 過労死自殺した電通の高橋まつりさん=当時24歳=の母幸美さんは、報道各社へのコメントにい怒りを込めた。
 「月100時間残業を認めることに、強く反対します。」・・・全文は新聞を。


カテゴリ: blog